ハワイ旅への準備はしっかりと!
私が目撃した「ハワイ便にご搭乗できません事件」
グルメスポット

ワイキキのヘルシーなアイスクリームはバナン(banan)がおすすめ

ハワイには魅力的なスィーツがいっぱいあります。

パンケーキやマラサダはもう日本にも進出しているので、日本でも人気になっていて、食べることができますよね。

でも、日本にはまだ入ってきていない物もたくさんあります。

今回は、今ハワイで一番気になるスィーツ、とってもヘルシーで安心して子供たちにも食べさせてあげられるスィーツをご紹介します。

バナン(banan)って何?

バナンとはフランス語でバナナのこと。

そう!バナナってお店の名前なんです。

今ハワイで話題になっているとってもヘルシーなアイスクリームのお店です。

バナン(banan)のこだわりって?

地産地消にこだわって、ほとんどの食材を常に新鮮な地元ハワイから仕入れているそうです。

モロカイ島などの農場と契約しているそうです。

果物の皮などのゴミは、農場の土と混ぜて堆肥にしたりして、地球にも優しいお店なんです。

バナンのアイスクリームは、ミルクやクリームの乳製品なし、砂糖不使用、バナナが主原料で作ったアイスクリームです。

だから、アレルギーのある子供たちにも安心して食べさせてあげられますね。

バナン(banan)ではどうやってオーダーするの?

サイズは小さなカップと大きなカップ、それにパパイヤボートがあります。

オーダーは、基本のバナナの味を選んで、フルーツやドライのトッピング、ソースを選んで自分好みに作れます。

でも、面倒だったら、おすすめのトッピングがセットになったメニューもあるので、そこから選ぶのが簡単だと思いますよ^^

注意点として、おすすめのトッピングがセットになったメニューでは、はちみつを使っている場合もあるので、1歳未満など小さな子供には注意が必要です。

ハニーが入っていないかどうかお店の人にも確認してからオーダーした方がいいですね。

バナナ(banan)のアイスクリームってどんな味?

味はバナナ感がめちゃめちゃすごいです!

本当に完熟バナナを食べているようで、ヘルシー感もハンパない!!

甘さは程よく日本人には良い感じです。

パパイヤに乗っているのは朝食にしてもいい感じですね。

材料がフレッシュなので食べるだけでパワーが出そうです!

バナン(banan)の場所はどこ?ワイキキにも

1号店

ダイヤモンドヘッド近くのモンサラット・アベニューにはバナンの第1号店があります。

小さなかわいいトラックです。

2号店

2号店は私が一番オススメするお店で、ユニバーシティ通りにあります。

ワイキキからはちょっと遠い(車で10-15分)のでレンタカーとかでないとちょっと不便ですが、お店は広くとってもきれいです。

大きな黒い看板とピンクの建物が目地印。ピンクの建物はヨガのお店なので、その隣にある小さな方がバナンです。

入り口にはピクニックテーブルがあり、結構広いので、子供たちが騒いでもOKです。

店内には人工芝生が敷かれたお部屋があって、靴を脱いでゆっくりできるスペースになっています。

小さな子供たちだったらここで遊んだり寝っ転がったりできるのがいいですね。

ゆったりできるソファ席もあり、テーブル席では太陽がサンサンと当たるとっても気持ちの良いハワイらしいお店になっています。

車で行けるようならばこちらがイチオシのお店です。

3号店

そして、今年夏にオープンしたてのお店はワイキキ店です。

ワイキキのロイヤルハワイアンセンターの一番東側。

チーズケーキファクトリーの裏側にビーチに通じている道があります。

サーフボードが並んでいるのですぐにわかりますよ^^

そこのチーズケーキファクトリー側に窓口だけの小さなお店としてオープンしています。

ビーチに行く途中でここで買っていくのもいいですね。

 

ワイキキ店にはワイキキ店限定のココナッツボウルに入った「ザ・デュークス」があります。

ココナッツの白い果肉も食べられます。

トゥルっとした食感で子供たちにもココナッツってこうなっているんだよ!って教えてあげてくださいね。

他のお店にはないのでぜひ試してみてください。

いかがでしたか?

まだ日本に進出していないハワイイチオシのスィーツ。

絶対に見逃さないでくださいね!

それぞれお店の形が違うので、いろんなお店を回ってみるのも楽しいですよ。