ハワイ旅への準備はしっかりと!
私が目撃した「ハワイ便にご搭乗できません事件」
ショッピング

急な発熱、腹痛に!ワイキキで24時間営業のロングス・ドラッグス

ロングス・ドラッグスはワイキキにある唯一の24時間営業のドラッグストアです。

急な発熱などに対応できるのは心強いですよね。

でも、薬だけではなく、おみやげやドリンク、お弁当などコンビニのようにも使えるのがポイントです。

ワイキキ滞在中、とっても便利なロングス・ドラッグスを使わない手はないのでご紹介しますね。

Megumi Iwasakiさん(@meg_alohamusic)がシェアした投稿

1階と2階で使い分けよう!

ワイキキのロングス・ドラッグスは、1階と2階に分かれていて、2階にあるものも1階に置いてくれているのがとっても便利です。

と言うのは、ちょっとスナックを買いたい時やちょっと飲み物が欲しい時にわざわざエスカレーターを使って2階に行って買わなくても、1階においてあるので、コンビニのような感じでお買い物できちゃいますよ。

 

1階には、ジュースやソーダ、水、牛乳、スタバの瓶入りコーヒーなどの飲み物の他にビールなどのお酒類も置いています。

食べ物では、スナック菓子やサンドウィッチ、ロール寿司、カットされたフルーツなどもあります。

ビーチに行く前にちょっと寄って行きたくなりますよね。

ハワイのチョコレートなどのお土産物も1階にもちょっとだけ置いています。

買い忘れて、ささっと購入したい時にはとっても便利です。

また、歯ブラシやトラベルサイズのシャンプーなども置いています。

 

そして、エスカレーターで2階へ。

1階の入り口を見ると店内はそんなに広くないのかな?なんて思ってしまいますが、

2階は結構広く、ワイキキなのにこんなに大きな店舗なんだ!とびっくりです。

いろいろと観て回るのが楽しいです。

飲み物やスナック菓子などは、1階よりも種類が豊富なので、いろいろ観てから買いたい方は2階まで行くとよいです。

おもちゃやキャラクター物のお菓子などもあります。

急に薬が必要になっても大丈夫

ロングス・ドラッグスは元々は薬局なので薬の種類は豊富です。

その中に、日本の薬も置いているので、日本人にはとっても安心です。

急に咳が出た時にはストナ咳止めがあるし、急な発熱には熱さまシートもあります。

ちょっと遊びすぎて疲れたな・・・と思ったらユンケルだって売っています!

アメリカの薬もたくさんあるので、日本の薬の中で見つけられない時には、薬剤師さんがいる(夕方くらいまで)ので相談すると良いですよ。

薬だけではないのがロングスドラッグス

化粧品のコーナーは、レブロンやロレアル、カバーガール、メイベリンなど壁一面にずらっと並んでいるので、見応えがあります。

色の見比べも一目瞭然ですし、じっくりと選んで買えます。

 

 

また、子供連れの場合、何かと荷物が多くなってしまいますよね。

そんな時は、ロングス・ドラッグスで調達してしまいましょう。

日本でもよく使われているベビーパウダーやベビーシャンプー、オムツ変え用のウェットシートなどもあります。

アメリカでは人気のガーバー(Gerber)のベビーフードやベビー用のお菓子なども種類豊富に置いていますよ。

 

キャラクターがついたオムツもかわいいです。

女の子用と男の子用、それぞれ違うキャラクターがあるので、子供達もきっと気にいると思います。

また、ハギーズ(HUGGIES)の(リトル・スイマーズ)Little Swimmersは、使い捨てのオムツ水着です。

アメリカでは、よく赤ちゃんがオムツだけでプールに入っていることがありますよね。

私が行った時にはニモのかわいい柄のがありました。

オムツだけではちょっとかわいそう・・・と思うようであれば、水着の下にこのオムツをはかせてあげるのもいいですよね。

水を吸って膨張することがないので、赤ちゃんは快適にプールで遊べます。

 

 

ワイキキは物価が高く、なかなかリーズナブルなお値段でのお買い物はできない!と思っていたけれど、ロングス・ドラッグスのおかけで、みんながもっとお買い物を楽しめるようになりましたね。

24時間営業なので、いつでも利用できるのがうれしいお店です。

ロングス・ドラッグスの行き方

ワイキキの西側。

ハードロックカフェや朝食で人気のビルズの近くで、1階には韓国俳優のコーヒーショップの「ゴリラ・イン・ザ・カフェ」と同じビルで、カフェの隣が入り口となっています。

住所 : 2155 Kalakaua Ave Honolulu, HI 96815

電話番号 : 808-922-8790

営業時間 : 24時間営業