ハワイ旅への準備はしっかりと!
私が目撃した「ハワイ便にご搭乗できません事件」
グルメスポット

ハワイでロイ・ヤマグチの味をカジュアルに楽しめる「eating house 1849」

日系シェフのロイ・ヤマグチ氏をご存知ですか?

「Roy’s Restaurant(ロイズ・レストラン)」は、日本や本土にも支店があるレストランです。

ロイ・ヤマグチ氏は、ハワイ出身のカリスマ的シェフ。いくつかの賞もとっています。

ロイズのお料理は、ハワイや西洋料理アジア料理を合わせたようなパシフィック・リム・フュージョンのお料理で、お醤油やわさびなどを使っていることがよくあります。

 

ハワイでは老舗店として、いつも賑わっています。

そのロイシェフが、インターナショナルマーケットプレイスの3階にカジュアルダイニング「eating house 1849(イーティング・ハウス1849)」をオープンしました。

 

イーティングハウスというお店の名前の由来

1849とは、1849年移民の時代を意味しているそうです。

プランテーション労働の為に中国や韓国、日本、フィリピンなどから多くの移民がハワイに入ってきました。それによって、食文化も様々に変化してきました。

1800年代のハワイでは、レストランの事をイーティングハウスと呼んでいたらしいですよ。

みんなが集まってくるカジュアルなイーティングハウスで、いろんな文化の食事が出る。そんなレストランを再現したかったのが名前の由来らしいです。

その名のとおり、とってものんびりとしたカジュアルなお店です。

 

イーティングハウスはこんな感じ

入り口真正面に受付があるので、ここで予約ありとかなしとか、人数などを言います。

受付の脇には大きなロッキングチェアがあり、その奥にはバーカウンターがあります。

年季の入った感のある木目が古き良きハワイを感じさせます。

受付の裏にはゆったり座れるソファーがあり、混んでいたらここでゆっくり待てるようです。

オープンテラスになっていて、かなりたくさんの人が入れる大きなレストランです。

テラス席は緑に囲まれていていい感じです。

子供連れならば、ぜひテラス席をリクエストしてください。

風が通ってとても気持ち良いですし、お外でピクニック気分を味わえますよ。

 

イーティングハウスのメニューはこんな感じ

ランチのメニューには、アペタイザーやサラダ、スープ、麺類、ご飯もの、そしてメインのお料理などがありました。

メニューには日本人にも馴染みのある料理名がいくつかありましたよ。

 

まずは、お通しのような感じでスパイシーなキムチ味の枝豆が出てきました。

 

サラダはポークベリーのサラダをオーダーしました。

ロメインレタスの上にキムチが乗っていて、その上にグリルした豚バラが乗っていました。

美味しかったですが、これはちょっとスパイシーなので、子供たちにはちょっと無理かもしれないですね。

 

アペタイザーに餃子をオーダー。

見た目普通の餃子ですが、アイオリソースがぽちっと乗っていて、下には甘辛のコチジャンソースがあり、ロイ・ヤマグチらしい、フュージョンな餃子って感じでした。

ちょっとスパイシーでしたが、コチジャンソースが美味しかったです。

 

そしてメインのお料理は、Mix plateをオーダーしました。

大きなプレートが4つに分けられていて、それぞれにポークリブ、グリルしたエビ、照り焼きのサーモン、それにふりかけがかけられたおにぎりが入っていました。

おにぎりにふりかけってところがロイシェフらしい感じがします。

炭で焼かれた感じが香ばしくてとても美味しかったです^^

 

デザートは、どれも美味しそうだったので迷いに迷ってアップル・クリスプにしてみました。

熱々のキャストアイロンにナッツとアップルが入っていて、上には大きなバニラアイスクリームが乗っていて、熱いのと冷たいののバランスでとっても美味しかったです。

 

 

カジュアルなレストランですが、やはりそこは人気シェフ、ロイ氏のレストランなので、プレートランチのようなお値段と言うわけにはいきませんが、ロイズ・レストランに比べたらかなりリーズナブルでした。

 

子供たちと一緒に行く時には、使われているソースが、わりとスパイシーな物が多いように感じたので、オーダーする時に確認した方がいいですね。

 

子供がいるからスパイシーはダメ(もしくは、ソースを別に持ってきて)って言うと、スパイシーソースの代わりに違うものをつけてくれる事もありますよ。

子供がいるからスパイシーはダメと言うのは、No spicy source please.で通じます。

また、ソースは別に持ってきては、Spicy source on the side.で大丈夫です。

〜〜〜 on the sideは、サラダのドレッシングなどにも使えるので(dressing on the side)、覚えておくと便利ですよ。

〜〜〜の部分に元々かけて欲しくないものを入れると応用できます。

 

ロケーションもワイキキのど真ん中なので、お買い物ついでに良いと思います。

気持ちの良いテラス席でハワイの人気シェフのお料理を堪能してくださいね^^