ハワイの基本情報

ハワイ在住者が発信!オアフ島で治安の良くないエリア情報

日本人にとっても「身近な海外」となり、ハワイ=安全と思い込んでしまっている方も多いのではないでしょうか。

何度も行ってるけど怖い事は別に無かった、犯罪に巻き込まれた話も聞いた事ない…日本人も多いし何となく安全だろうと油断してしまわぬよう、今回は在住者目線で治安のあまり良くない場所を取り上げたいと思います。

2018.5.29にカカアコ地区で事件も起きています。

ハワイ旅行へお出かけの前は在ホノルル日本国領事館の情報もチェックしておいて下さい。

基本的には人の気配のない場所や、夜間には注意が必要です。

 

ハワイで治安が良くない場所①ワイマナロベイ・ワイマナロビーチエリア

美しいエメラルドグリーンの海と、白い砂浜のコントラストが絵になるワイマナロビーチ。

こちらのエリアは地元では治安が良くないとして有名です。

特に若者世代の失業率高く、観光客に反感を持っている人も多いです。置き引き、窃盗などの犯罪や車乗荒らしもよく発生しています。

行きたい場合は、充分に注意しなるべく短時間で切り上げる方が良いでしょう。もちろん、日没後は絶対に行かない方がいいエリアです。

ハワイで治安が良くない場所②ダウンタウン・チャイナタウン

ダウンタウンはビジネスの中心地でもあり、昼間はいわゆるサラリーマンの皆さんをたくさん見かけます。

チャイナタウンにもマーケットが有り、中国系移民の方達の美味しいレストランもたくさんある事で昼間は活気付いています。

ですが、夕方15時過ぎた頃から色んなお店が閉まるので徐々にさみしい雰囲気へと変わっていきます。

最近、おしゃれなバーやレストランがダウンタウンにオープンし何年か前まで言われていた夜間の治安に比べると現在の方がだいぶ人通りも増えて改善されましたが、油断は出来ません。

夕方になると、ホームレス向けに炊き出しを行い配っている事もある位あちこちでホームレスを見かけますし、路地で薬物の売買なども行われています。

行きたい場合は明るいうちのみとし、夕方以降には訪れない方が良いでしょう。

昼間はとくに問題ありません…夜です!

特にバスしか通れないホテルストリートは避けた方が良いと思います。

ハワイの治安が良くない場所③オアフ島 西側エリア


最近、ブログなどで西海岸は穴場だとオススメされているのを見かけますが、基本的には地図で言うコオリナより上の地域(西北) には行かない方が良いです。

西側エリアは、オアフ島でも一番治安が悪いとされています。家の価格がホノルルの半額程だと言うこのエリアは犯罪発生率がとても高い為、ワイマナロ以上にハワイ在住者でも行く事を避けているエリアです。

私も以前、午前中にナナクリエリア辺りまで車で連れて行ってもらいましたが、道路上にガラスの破片が散乱しているのを数カ所で見かけました。(その場所で車上荒らしをされた事が分かります。)

ビーチの方に歩いて行くと、一見誰も居なそうな貸切ビーチ?と思いきや…テントなどを張って住んでいるホームレスがたくさん居ました。1人がこちらに向かって来た時はとても怖かったです。

観光客がテリトリーに入ってくる事を嫌がりますので「私たちだけのシークレットビーチ♩」などと勘違いして気付かず海水浴を楽しんだりはしないよう、くれぐれもご注意下さい。

サンセットがキレイだとして穴場的に紹介される事もありますが、ワイキキ界隈でも同様に美しいサンセットをみられる場所はいくつもあります。わざわざ危険な目に遭うような場所には行く必要ないでしょう。

ハワイの治安が良くない場所④夜のタンタラス

皆さんご存知、タンタラス。ダイヤモンドヘッドからワイキキの街、ダウンタウンの高層ビル群を見渡せる丘で、夜景スポットとして特に有名です。

ただ、こちらも治安が非常に良くない為、夜景を見に行く際には充分に注意が必要です。

昼間の景色も大変きれいなので、お子さま連れの場合は明るい内に行かれる方が無難です。

どうしても夜景を見に訪れたい場合、オプショナルツアーなどに参加してバス等で行く事をオススメします。レンタカーで行かれる事はあまりオススメ出来ません。

駐車スペースもそれ程無いですし、少し離れた所に駐めようとしても周囲は真っ暗です。

観光客を狙った車上荒らしが後を絶たず、また銃を突きつけられてお金を盗られたなどの事件もあり、犯罪に巻き込まれない為にも夜間は個人では行かない方が良いです。

また、夜22時以降は絶対に行かない方が良いでしょう。地元の方たちも深夜にタンタラスの丘へは絶対に行きません。

ハワイの治安が良くない場所⑤ワイキキ周辺でも夜は治安が悪い

夜間のビーチや公園

トラブル回避の為にも近づかない方が良いでしょう。

ワイキキビーチは特に夜はホームレスが寝泊まりしています。昼間とは雰囲気が異なりますので注意が必要です。

夜のクヒオ通り

カラカウア通りとは人通りがかなり異なり、バーやクラブが多いエリアです。

夜遅くになると売春目的の女性が立ち始め、酔っ払いが奇声を上げたり絡んでくる事もあります。ドラッグの押し売りなどもあるようです。

夜間と早朝の1人歩きは避けて下さい。 特にフードパントリー前辺りでトラブルが多いようです。

アラワイ運河沿い

こちらはガイドブックでもたくさん注意書きされている為ご存知の方も多いかと思いますが、クヒオ通りよりも更に人通りが少ないので、日没後歩く際には充分に注意が必要です。

以前、まだ明るい時間帯にひったくり被害に遭った日本人女性もいました。ドラッグ常用者が集団でいる場合もあります。

夜間はもちろんの事、日中でも人通りが少なく閑散としている場所もあるため、宿泊先を選ぶ際には出来ればアラワイ運河沿いではない所をオススメします。

 

ワイキキ中心部には、様々な国から観光客が集まってきています。些細な事でトラブルになる事もありますし、油断して歩いているとひったくり被害に遭うこともあります。

日本人は、横に広がってゆっくり歩きがちなので目を付けられやすいです。

また、肩が触れたりぶつかったりした場合には、Excuse me / I’m sorry  の一言を忘れないように…。 ローカルの間でも日本人は絶対に謝らないと思われており「どうして謝らないの?」 と聞かれる事もある位です。

英語が苦手だから? アメリカで謝ったらいけないという思い込み?  些細な事でトラブルになる前にExcuse meと言ってしまいましょう。

もちろんハワイの人たちは優しいですが、ワイキキにはむしろハワイに住んでいる人の方が少ないのです。

置き引きなどの事件も発生してますので、ご自身の荷物から目を離さないようお気を付け下さい。フードコートの席を確保する為にバッグを置くのは日本人だけです…^^;

このサイトでも海外旅行保険の充実したクレジットカードを紹介しているので、そういうものを作っておくのも対策の1つとしてはいいかもしれません↓

https://child-tabi.com/category/creca/

今回紹介したエリアには絶対に行かないほうがいいとまでは言えませんが、待ちに待ったハワイ旅行!とつい浮かれてしまい、トラブル巻き込まれてしまう事のないように注意した上でハワイを楽しんでいただければと思います。