ハワイ旅への準備はしっかりと!
私が目撃した「ハワイ便にご搭乗できません事件」
ハワイの基本情報

ハワイ旅行の前に予習しよう!アメリカドルの種類と使い方

最近のハワイでは、ショッピングでもレストランでもクレジットカードが使えるので現金を使う機会があまりないのですが、だからこそ現金を使うとき、余計に戸惑ってしまいますよね。

 

そこで今回は、アメリカドルの種類と使い方について解説していきます。コインの種類もお札の種類も日本円とは異なりますので、ハワイ旅行の前に予習しておきましょう。

 

アメリカドルのコインの種類

アメリカドルのコインは全部で5種類、単位は「セント」と呼びます。

また、コインにはそれぞれ呼び名があります。

(余計に混乱しそうなので、ここまで覚えなくても支障はありません。)

 

  • 1セント=「ペニー」
  • 5セント=「ニッケル」
  • 10セント=「ダイム」
  • 25セント=「クォーター」

 

そして、ほどんど見かけませんが、

  • 100セント=1ドルコインもあります。

 

筆者が実践していた覚え方のポイントを紹介します。

 

  • 1セント=銅色の小さなコイン
  • 10セント=銀色の1番小さいコイン
  • 25セント=1番大きいコイン
  • 5セント=上記ではないコイン

 

日本のコインに比べると種類も少なくて、意外と覚えやいんです!

 

コインランドリーやロッカー、パーキングでは25セントが大活躍しますので、多めに持っておくといいですよ。

 

アメリカドルのお札の種類

 

アメリカドルのお札は全部で6種類です。

 

  • 1ドル札
  • 5ドル札
  • 10ドル札
  • 20ドル札
  • 50ドル札
  • 100ドル札

 

お札には数字がはっきりと明記されているので、コインのように戸惑うことはないでしょう。ただ、新札の場合はくっつきやすいので、しっかり確認して渡すようにしてくださいね。

 

アメリカはクレジットカード社会であり、旅行であっても大金を持ち歩く人はほとんどいません。

ですので、レジで50ドル札や100ドル札を使用する人も少なく、特に数ドル程度の買い物なのに、50ドル札や100ドル札を使用するとレジ係りの人に嫌がられることもあります。

日本から両替していく場合は、なるべく20ドル札以下のお札にしてもらうのがおすすめです。

 

値札の見方を予習しよう

ショッピングの際は値札の見方ですが、

 

写真上のTシャツは、$24.95=24ドル95セント

写真下のサングラスは、$7.99=7ドル99セント

 

となります。

 

 

現金の取り扱いのみの店舗や場所に要注意!

オワフ島、ワイキキ周辺のほとんどのレストランやショップではクレジットカードが使えますが、屋台形式のお店、ファーマーズマーケット、小規模の飲食店や小売店などでは、現金の取り扱いのみの店舗もあります。

 

また、ツアー参加ではなく、個人で観光地を回る場合の入場料や、駐車場もキャッシュオンリー(現金のみ)となっている場所があるので注意しましょう。

例)

ダイアモンド・ヘッド入場料(車1台につき5ドル、または、1人1ドル)

マノアの滝、駐車料金(車1台につき5ドル)

 

これらのことを考慮し、もちろん、大金でなくて構いませんが、クレジットカードに加え現金も持ち歩くようにしたほうが安心です。心配であれば、お店に入ってすぐにクレジットカードが使用可能か確認しておきましょう。

チップに現金は必須

ツアーガイドやドアマン、ルームサービスを頼んだときなど、その場で渡すチップは現金が必須となります。

また、レストランへ行った際に、飲食代金の支払いはクレジットカードで済ませたとしても、チップは現金でテーブルに置いておくこともできます。

☆チップの相場などはこちらの記事も参考にしてみてください。

ハワイのチップの渡し方、支払い方、チップ相場などのまとめ日本では馴染みのないチップですが、ハワイではそれが当たり前の文化となっています。 ただ、普段その意識がない日本の人にとっては、いつ...

さいごに

お札はまだわかりやすいですが、コインの種類が覚えにくいですよね。だからといって支払いはお札ばかりだと、お財布がコインであふれてかなり重くなってしまいます。最終手段として、コインを見せてレジ係りの人に取ってもらうこともできますけどね^^

 

ぜひ、手お子さんと一緒に予習して本番のハワイ旅行に備えてくださいね!