ハワイ旅への準備はしっかりと!
私が目撃した「ハワイ便にご搭乗できません事件」
プレイスポット

ハワイの冬の風物詩|ホノルルシティライツ

ハロウィンが終わりサンクスギビング( 感謝祭)が近づいて来ると、ハワイでもショッピングモールやホテルなど方々でクリスマスの装飾が始まり、誰もが待ちわびているクリスマスももうそこまで来ているなぁと実感します。

サンクスギビングから年始までをアメリカではホリディシーズンと呼んでいます。

 

クリスマスシーズンは寒いイメージの方が強いですが、常夏のハワイでももちろんクリスマスは盛り上がります!

中でも期間限定のホノルルシティライツはホリディシーズンの風物詩とも言うべき、メインイベント!

早速、ご紹介しましょう。

 

家族向けのユニークな演出「クリスマスデコレーション」を見に行こう!!

ホノルルシティライツは、1985年にスタートしたホリディシーズンのイベント。

毎年12月の第1土曜日から新年が明けるまで、ダウンタウン ホノルル市庁舎がイルミネーションとツリーや巨大なサンタなどのクリスマスデコレーションで華やかになり、ちょっとした夢の国になるイベントです。

日本の、どちらかというとロマンチックなカップル向けのイルミネーションとは異なり、なんだかとってもほっとするかわいいデコレーションが中心でお子さま連れにはぴったりです。

 

クリスマスツリーの横にヤシの木があるなど、日本の寒くて雪が降りそうなクリスマスとは全く違う、南国ならではのクリスマスシーズンを楽しみに、ホノルルシティライツを訪れてみませんか?

 

一番人気はやっぱりシャカサンタ?

初日のオープニングイベントでは、高さ約50フィートもあると言われているクリスマスツリーへの点灯式やミニコンサート、エレクトリカルパレードも行われるようですよ。

デコレーションなどは毎年少しづつ変わるようですが、一番人気は、やはり巨大サンタ夫婦のデコレーション。こちらは毎年恒例で展示されています。

サンタクロースですが、素肌に赤いサンタのコートを羽織り裸足で大きくシャカポーズをしています。

隣の奥様もムームー姿でもちろん裸足…なんともハワイらしい演出でお子さまも喜びそうですね。

また、ホノルル市庁舎自体もライトアップされ、市庁舎の中にはかわいく飾りつけされたクリスマスツリーが たくさん展示されています。

お子さまとの思い出にたくさんの写真が撮れそうですよね。

2017年情報

12/2 から翌 1/1 まで

入場 無料

会場: ホノルル市庁舎 ( ホノルル ハレ )

住所:530 S King St, Honolulu, HI 96813

 

12/2は初日なので、18時に点灯式18時30分頃にはエレクトリカルパレードの到着で会場は大変盛り上がります。

( 毎年 かなり混雑しますので、小さなお子さまとゆっくり鑑賞したい場合は初日のイベント以外に行かれる方がいいかもしれません。)

 

日中もデコレーションは展示されていますが、ライトアップされるのは毎日18時です。

23時迄で市庁舎への入場が終了、その後ライトアップが消されます。

市庁舎の広場には、毎年ちょっとしたフードトラックが出店しています。

 

ホノルルシティライツへの行き方


車で行かれる場合、近隣の大型駐車場又はストリートパーキングを利用可能です。

但し、初日のオープニングイベント時は周辺が通行止めになりますのでご注意くださいね^^

 

ワイキキからバスで行く場合、クヒオ通り沿いのバス停から2番、42番 又は13番

だいたい、20分程度です。

日本の旅行会社が、ホノルルシティライツ往復の送迎を行なっているようですが料金が割高です。

1人$25 程度なのでご夫婦プラスお子さまで行かれる場合はレンタカーやザ・バス をオススメします。

 

ホノルルシティライツ以外の場所には注意

ホノルルシティライツ開催中は、警察による特別警戒で頻繁にパトロールもしているようなので通常「夜のダウンタウン」 は行かない方が良いのですが、開催時間内であればたくさんの人が訪れる事もあり安心して見学出来ますよ。

勿論、貴重品その他には充分注意されてくださいね。

また、見学後にチャイナタウンやダウンタウンに寄り道することはオススメできません。

あくまでホノルル市庁舎周辺が特別警戒されているだけですので、あえて夜間に他のあまり治安のよくないエリアには行かない方が良いです。

 

 

ハワイ語でメリークリスマスはMele Kalikimaka ( メレ カリキマカ )といいます。

例年の寒いクリスマスとは違う、ハワイらしい南国のクリスマスシーズンを楽しみに 是非ホノルルシティライツに行かれてみてくださいね。