役立ちコラム

急に日本のお薬が必要になったらホメオヘルス「Homeo Health」

旅行中に急に子供達が熱を出したとか、赤ちゃん用品を持って来るのを忘れた場合などに役に立つのがアラモアナセンターにある日本の薬屋さん「ホメオ・ヘルス」です。

海外のドラッグストアで薬を買おうと思っても、英語表記で読めなかったり、店員さんに聞きたくても話がうまくできないということがあるかもしれません。

ホメオヘルスには日本の薬が置いてあって、日本人スタッフがいるので安心なんです。

 

ホメオヘルスの目印はサトちゃん

子供はいつ熱を出すかわからないですよね。

ワイキキのヒルトン・ハワイアン・ヴィレッジやシェラトン・ワイキキ・ホテルにはドクターオンコールなどの日本語対応のお医者様もいますが、病院に行くほどではないけどまずはお薬を!と言う時に便利なのが「ホメオ・ヘルス」です。

お店の方が言うには、ハワイ唯一の日本薬局だそうで、ハワイの中でも「ホメオ・ヘルス」が一番日本の薬の品そろえがあるそうです。

便利なアラモアナセンターにあるのもうれしいです。

 

オレンジのサトちゃんでおなじみのサトウの咳止め、ストナ咳止め液もあります。

年齢別にあり、6才からと12才からの2種類があります。

残念ながら、6才以下の小さな子供用は取り扱っていないそうですが、(後でご紹介する)アメリカの熱冷まし&痛み止めは2才児用からあるので、お店の方に相談してみると良いです。

 

いつも日本で使っている薬がハワイでも手に入るととっても安心ですよね。

「ホメオ・ヘルス」には、咳止めの他にもらっぱのマークでおなじみの正露丸やちょっとした切り傷などに便利なメンタームなどもあります。

アメリカの薬でも日本語で説明を表示してくれていますので、どんな薬なのかが一目瞭然です。こういう点ではやはり日本人スタッフがいるお店は心強いです。

 

わからなければ日本人スタッフに相談

もちろん日本の薬以外にアメリカの薬も取り扱っています。

お店のスタッフは日本人の方なので、とっても親切に相談に乗ってくれます。

日本の薬で対応できるものがない場合などは、アメリカの薬でも、日本スタッフの方が用法などをくわしく教えてくださるのでとっても安心です。

また、症状を説明すれば、薬での対応ではなく、ドクターオンコールなどのお医者様にかかった方がよいなどのアドバイスもしてくれます。

 

アメリカで人気のあるアメリカの薬は、胸焼けの際に口の中に入れて溶かすだけのタブレットTUMS(タムス)や、花粉症によく効く薬Claritin(クラリティン)などが特によく使われていて人気です。

旅行中に特に症状が出なくても、案外アメリカのお薬は安いので日本に持って帰るのもありだと思います。

 

ホメオヘルスは薬以外にもあります

ハワイのお水は飲んでも大丈夫なくらい安心ですが、やはり赤ちゃんには刺激が強かったり、いろいろと心配ですよね。

ホテルに付いている石鹸で洗うよりも、ベビー用のボディソープを用意した方がよいけれど、重いので日本から持って来るのはちょっと・・・と思った時には、ホメオ・ヘルスにベビー用ボディソープやオイル、パウダーなどあるので、こちらで揃えると旅行も楽になります。

また、子供用はらまきもあります。

暑いのでついつい冷たいものをいっぱい飲んでしまったり、どこに行っても冷房が効いているハワイでは案外気がつかないですが、子供達のお腹は冷え冷えになっている事もあります。寝る時などにお腹を守る一枚があると案外役に立ちます。

薬の他にハワイの木、ククイの実から採れるオイルで作った石鹸などもあるので、病気じゃなくてもちょっと寄ってみると楽しいですよ。

 

いかがでしたか?

日本からいつも使っている薬を持って来るのが一番良いですが、いざ!と言う時や、うっかり忘れてしまった時など、日本人の方に相談して薬を購入できるのはとっても安心ですよね。

ないことに越したことはないですが、万が一の場合は是非利用してみてください。

 

ホメオヘルスの行き方

アラモアナセンターの1階にあります。

ハワイに何度も来ているリピの方はあれ?と思うかもしれませんが、以前白木屋の中にあったお店が1階に移転してきたお店です。

1階の海側にあるフードコートを駐車場側に出て、右側の「POKE BOX」の隣にあります。

目印は入り口にいるオレンジのサトちゃん!

 

住所—1450 Ala Moana Blvd, #1079, Honolulu, HI 96817

電話番号—808-947-6003

営業時間—9:30-21:00(月~土曜日)、10:00-19:00(日曜日)