ハワイ旅への準備はしっかりと!
私が目撃した「ハワイ便にご搭乗できません事件」
役立ちコラム

【必見】JCBカードでハワイのピンクライン(トロリー)が無料に!

ワイキキ周辺を移動するときによく使われているトロリー。

トロリーの種類も色々とあって、ワイキキトロリーをはじめ旅行会社のトロリーもたくさん走っています(H.I.Sのレアレア、JTBのオリオリ、JALパックのレインボートロリーなどなど)

この中でワイキキトロリーのピンクラインはJCBカードを持っていると無料で乗れます(家族も)。子連れ旅には必需品なのでご紹介します。

ワイキキトロリーのピンクラインとは?


地図は公式サイトから引用

ワイキキ中心部を約10分間隔で運行していて、1周60分くらいで回っているトロリーになります。

ワイキキ周辺のホテルに停まりつつアラモアナ・ショッピングセンターを回るルートで、一番動くエリアになりますので使い勝手はとてもいいです。

 

JCBカードでピンクライン(トロリー)が乗り放題!

JCBブランドのクレジットカードを見せるとピンクラインが無料で乗れてしまうのです。※コンビニなどで買えるプリペイドカードは対象ではありません。

通常であれば乗車には1人1回2$(2歳以下は無料)かかります。

これが、JCBブランドのカードを見せるだけで提示した本人と、同乗の家族大人1名、子供2名(11歳以下)まで無料になってしまうんです♪

家族が同乗する時は、乗車時にドライバーさんに「ファミリー」と伝えればOKです。

親が2人、子供2人の家族ならお父さんがカード1枚提示すれば無料で乗れてしまいます。もう1人子供がいた場合は、お母さんが違うJCBカードをもう1枚提示すればOKとなります^^

家族特約がお得なカードはこちら>>

ピンクライントロリーの乗り方(JCBカードで簡単)

まずはトロリーの停留所に行きます。

上のルートマップで①~⑮まで番号がありますが、そこが停留所の場所です。

こんな標示が立っています。

どのトロリーが停まるのかわかりやすく表示されています。

ピンクラインは正面にデカデカと「PINK LINE」または日本語で「ピンクライン」と表示されています。とてもわかりやすいです。

 

 

乗車賃無料!と大きく宣伝されています。

というか、日本語の表示が多くてびっくりですね。

 

ピンクラインがきたら乗車しましょう。

入り口は前しかなく、前から乗って前から降りるスタイルです。

乗り込むときにドライバーさんにJCBカードを見せるだけでOKです。

ドライバーさんも慣れていますので「OK!」とスムーズに乗ることができます。

降りるときですが、停留所には全部停まりますので特に「停まりますボタン」のようなものはありません。目的の場所で降りましょう。

ピンクライントロリーはWiFiも使える

ピンクラインに乗っている間は無料WiFiが使えます。

ワイキキは無料WiFiの使えるところが意外と限られていますので、移動中にネットにつなぐことができるのは嬉しいですね^^

JCBプラザラウンジがとても便利

JCBブランドのカードを持っていると、JCBプラザラウンジというところを使うことができます。

JCBプラザラウンジでは

・ホテル、レストラン、オプショナルツアー、各種チケットの予約
・観光情報の案内
・カードの紛失・盗難時のサポート
・新聞、雑誌の閲覧
・インターネット、プリントアウト無料サービス
・無料WiFi
・現地ガイドブック、情報誌の閲覧
・ドリンクサービス
・荷物の当日中一時預かりサービス(一部、預かれない荷物あり)

などのサービスが受けられます。

現地にいる人に観光情報を聞けるのは個人的にはありがたいです。雑誌などではわからない話なんかもけっこうありますからね。


2nd Floor, Waikiki Shopping Plaza, 2250 Kalakaua Ave.,
Suite 207A, Honolulu, HI 96815, U.S.A.
カラカウア通り沿い、ワイキキ・ショッピング・プラザ2階

 

以上、ハワイに行く際はJCBカードを持っておくと便利ですよというお話でした。

 

ピンクラインに乗れるJCBカードが見たい方はこちら>>

子連れハワイにおすすめのクレジットカードはこちら>>