ハワイ旅への準備はしっかりと!
私が目撃した「ハワイ便にご搭乗できません事件」
未分類

カエナ・ポイントに絶滅危惧種ハワイアン・モンクシールを見に行こう!

オアフ島の最西端にあるカエナ・ポイント

今は絶滅危惧種となっているハワイモンクシールが見られるポイントとしても人気があります。そこにたどりつくまでのちょっとしたハイキングが楽しいので紹介します。

オアフ島西の端のカエナ・ポイント

カエナ・ポイントは、オアフ島の最西端にある出っ張った岬です。

名前は聞いたことがあるけれど、行った事のない方も多いと思います。

オアフ島一周ツアーなどというオプションを見かけることがありますが、実はオアフ島は一周することができないようになっています。

と言うのも、このカエナ・ポイントで道路が途切れているんです。

西側からカエナ・ポイント経由で徒歩で北側の駐車場まで出ると一周したことになりますけれど。笑。

西から行く方法と北から行く方法があり、今回は、海岸線などの景色がきれいな西側から行く方法をご紹介します。

 

一周できない理由

オアフ島を一周できない理由はいろいろあるようですが、その中でも、カエナ・ポイントには絶滅危惧種のハワイアン・モンクシールやアルバトラス(あほう鳥)が生息しているので、それらを守るためと言われています。

もう一つは、アメリカ軍の秘密基地があるから、とも言われています。

 

ハイキングトレイルはどんな感じ?

西側からカエナ・ポイントに行く場合、海岸線のきれいな景色やハワイの雄大な景色を見ながら行けます。

ほとんど全ての道が平なので、歩くにはそれほど大変ではないのですが、途中岩場があり、道が崩れていて多少登り道もあります。(ほんのちょっとです)

足場が悪いので、スニーカーやハイキングシューズで行くとよいですよ。

ビーチサンダルなどで行くと、鋭い岩で足を切ることもあります。

 

また、冬場は波が高いので、トレイルからはずれて海岸に出ないようにしましょう。

なぜか車が捨てられていたりするところもあったりします。

岩場に穴が空いているところはインスタスポットとして人気があります。

ほとんど全ての道は日陰がないので、日中に行く時には日焼け予防対策をしていくと良いです。

 

カエナ・ポイントはこんな感じ

約1時間半のトレッキングを終えて行き着くカエナ・ポイントは、保護区でもあるので、長い柵が続きます。

その柵の中には大きなアルバトラス(あほう鳥)が自由に飛び回っていて、中には卵を抱えたお母さん鳥を見ることもあります。

砂地が続いて、その先には様々な形をした珊瑚のかけらが一面にあり、水辺に導いてくれます。

ごつごつとした岩場にはハワイアン・モンクシールが寝っ転がっていることもあります。

残念ながら今回は見られませんでしたが、10年ほど前に行った時には2頭ほどいました。

 

カエナポイントの散策におすすめのスケジュール

日中はかなりの日差しを浴びることになるので、お昼前後は避けた方がよいです。

片道約1時間半。

早起きの方ならば朝から行くのもよいでしょうが、私は、午後から行きました。

  • 14:30くらい : 出発(入り口から歩き始めます-ワイキキを13:00くらいに出発するとよいでしょう)
  • 16:00くらい : カエナ・ポイントに到着。まったり、のんびり。
  • 18:00過ぎ : 入り口に戻ってくる。ちょうどサンセットの時間に帰って来られました。

このスケジュールだと、行きはちょっと暑いですが、帰りはかなり涼しいです。(2月の気候で)

また、西の海にサンセットが沈むところも見ることができますし、その景色が最高なのでおすすめしたいです。

カエナポイントの行き方と注意点

行き方

カエナ・ポイントは、オアフ島の西側にあり、ハワイアンなどが住んでいるローカルエリアと言うこともあり、観光客に反感を持っている人たちもいるので、特に観光客の場合気をつけなければいけないと言われているエリアでもあります。

ロコの人たちの生活を邪魔しないように、リスペクトを忘れずに。

また、その分、ワイキキあたりでは見られないような景色が見られるのも楽しみのひとつです。

 

カエナ・ポイントにはノースから歩き始める(Ka’ena Point Trail)行き方とウエストから歩き始める(Ka’ena Point State Park)行き方があり、今回はウエストから歩き始める行き方をご紹介します。

 

方法としてはレンタカーもしくはチャーターなど、車利用をお勧めします。

バスでも行けないことはないそうですが、現地まで行くのにもバス停から歩くのにも相当の時間がかかるそうなので、治安の事も考えるとバスはお勧めできません。

車で行く場合、ほぼ一本道で行けるので、迷う事なく行けます。

ワイキキからの所要時間は、ワイキキからフリーウェイH1を通ってコオリナ経由で約1時間強です。(渋滞がなければ)

 

駐車場

今現在(2021年2月)、駐車場は使えないようになっています。

カエナ・ポイントは行き止まりの先にあるので、入り口手前で路上駐車することになります。

その際、路肩に白い線があるので、その線の中に車がしっかり収まるように駐車しないと、駐禁を切られる可能性があるので気をつけてください。

また、車上荒らしもよくあるようなので、車内に物を置く場合にはくれぐれも気をつけてください。(貴重品などは置かない方がよいです)

車を止めてから入り口までにはきれいなビーチ「ケアヴァ・ウル・ビーチ」があります。土日にはロコがたくさん遊んでいますよ。

 

トイレ

トイレは入り口のビーチのところにあります。シャワーもあります。

その先にはトイレはないので、ここで済ませるようにしましょう。

 

まとめ

観光の中でもカエナ・ポイントはちょっと難易度が高いかもしれませんが、レンタカーを利用する方ならばそれほど大変でもないので、ぜひ一度挑戦してみてください。

ハワイらしい雄大な景色を満喫しながら片道約1時間半の気分最高のトレイルです。

広大な景色と気持ちの良い風。これぞまさにハワイ!!を感じられますよ。