ハワイ旅への準備はしっかりと!
私が目撃した「ハワイ便にご搭乗できません事件」
役立ちコラム

ハワイのレストランでのお会計の仕方(クレジットカードの支払い方法も)

多くの方が気にしている、ハワイのレストランでのお会計の仕方。

支払いはパターンさえ覚えておけば大丈夫です。

今回は現金での支払い方法、クレジットカードでの支払い方法、チップについてを詳しく紹介していきますのでぜひ参考にしてください。

 支払い時にはまず伝票を確認しましょう

多くのハワイのレストランでお会計はテーブルで行います

担当のサーバー(店員さん)が食べ終わったなというのを見計らいテーブルまで伝票を持ってきてくれます。

アメリカの多くのレストランでは各テーブルごとに担当のサーバー(店員)がいます。

日本のように近くを通りかかった店員に声をかけるというのではなく、何かお願いする時は担当に声をかけるのが普通ですし、会計時にも担当にお願いするのが常識となっています。

まずは、注文した内容と伝票が合っているか必ずチェックをしましょう。

英語表記でわかりにくいかも知れませんが、明細をじっくり確認してください。

間違っていることも少なからずあります。もし、不明な点があればサーバーに確認してくださいね。

 

ハワイのレストランでのチップの支払い相場は

 チップの額ですが、一般的なレストランでは飲食代の15~20%を支払う必要があります。

基本は15%でOKですが、パフォーマンスがあったり、特別なサービス(子供が汚してしまったのを片付けてもらった場合など)をしてもらったり、6人以上のグループの場合は18%以上おくようにしましょう。高級レストランではチップは20%以上が相場です。

 

多くの場合は上の写真のようにレシートに参考のチップの料金(Suggested tip amount on Pre-discounted total:)が書かれているのでそれを参考にしましょう。

パッとみてわかるようになっているので便利ですね^^

 

また、チップが含まれているかいないかの表記もある良心的なレストランもあります。もしわからなければ、次のようにたずねましょう。

Is the tip included?

「イズ ザ ティップ インクルーディッド?」

(チップは含まれていますか?)

 

ハワイのレストランで現金で支払う場合

代金とチップの合計が手持ちにある場合

チップを含めたトータルの現金がある場合は、その料金を伝票にはさんでレストランを後にしても問題ありません。もしくは以下のように言います。

I don’t need change./Keep the change.

「アイ ドンッ ニード チェンジ/キープ ザ チェンジ」

(お釣りはいりません。/取っておいてください。)

 

おつりが欲しい場合

持ち合わせがなくおつりが欲しい場合、例えば金額が$40、チップが$6、持ち合わせが$50しかない場合、$4返してもらえるように、

$4 back, please.

「フォーダラー バック プリーズ」

(4ドル返してください。)

と伝えるといいでしょう。チップはツアー参加時やホテルでサービスを受けたときなど、さまざまな場面で渡す機会があるので、1ドル、5ドル札は多めに持ち合わせておくことをおすすめします。

 

ハワイでクレジットカードで支払う方法

クレジットカードで支払う場合は、次の3ステップです。

①伝票にカードをはさんで待つ。

②サーバーが伝票を持っていき、カード処理をして戻ってくる。

③戻ってきたらお店用のレシートにチップ額、トータル金額、サインを書く。

まずは伝票にカードを差し込む場所があるのでそこにカードを差して待ちます。

サーバーがその伝票を持っていき処理を済ませてまた持って帰ってきます。

そこでもう一度中身をチェック。するとカードを切ったレシートが2枚入っています。

ひとつはお店用(Restaurant Copy )、もうひとつは自分で保管する用(Guest Copy, Customer Copy)です。

お店用のレシート(Restaurant Copy )にチップの額、トータルの額、サインを記入します。

  • 料金の15~20%分をチップとして記入
  • 料理代とチップ(Tip/ Gratuity)のトータル(Total)を記入
  • サイン(Signature)

こんな感じです↓

記入する場合には以下の2点に注意してください。

 

  • Tip(Gratuity)とTotal欄を空白にしない

料金はクレジットカードで払い、チップは現金でテーブルに残すという場合は、Tip(Gratuity)の欄を空白にせず「$0.00」と書いておきましょう。中には悪いサーバーもおり、勝手にチップを書かれてしまうのを防ぐためです。

その場合はトータル(Total)欄にはチップを含めていない料理の金額を記入します。

 

  • $と数字の間に隙間を空けない

どういうことかというと、例えば、

Tip $ 7.00

このように記入すると「$」と「7」の間に数字を入れられてしまう可能性があります。上記と同様、勝手にチップを上乗せされることがごくまれにあります。

Tip 7.00

とつめて記入し、トラブルを防ぎましょう。

そんなトラブルはほとんどないですが、念のためです^^

アメリカはクレジットカード社会ですので、支払いはクリジットカードが一般的です。

現金払いの場合はお釣りで小銭が大量になってしまう・・・ということもよくありますしね。

 

クレジットカードに関してはJCBブランドのカードを持っていると、ワイキキからアラモアナ周辺の移動でよく使うピンクラインのトロリーに無料で乗れたりして便利です。こちらも参考にしてみて下さい。

JCB口座開設におすすめカード|ハワイピンクライントロリーに無料で乗ろう JCBカードでピンクラインのトロリーが無料で乗れてしまうというお話についてはこちらの記事を参考にしてみて下さいね。 ...

クーポンを利用する場合のチップは?

もしクーポンなどの割引券を利用した場合は原則、割引される前の金額からチップを支払います。

クーポン内容によっては「チップ代込み」となっている場合もありますので、よく読んでおきましょう。

最後に

お会計の方法はハワイだけでなく、アメリカ本土のレストランでもほぼ同じシステムです。

アメリカ本土へご旅行される際にもとても役立つので、ハワイでお会計のシステムに慣れておくといいですね。

 

ハワイのレストランで「飲み物のおかわり」フリーリフィルの頼み方ハワイやアメリカ本土の嬉しいサービスにひとつに、ほとんどのレストランやファストフードで、ソフトドリンクのおかわりが無料!ということがあげ...
英語でハワイのレストランに予約する方法ハワイでのレストランの予約方法として、旅行会社のツアーデスクで予約をお願いする、ホテルのコンシェルジュを利用する、ウェブサイトで予約する...